ホテル・旅館等の表示マーク交付対象物について

表示制度とは

ホテル・旅館等不特定多数の者を収容する防火対象物の防火安全対策の重要性に鑑み、防火対象物の関係者の防火に対する認識を高め、防火管理業務の適正化及び消防用設備等の設置、維持管理等を促進するとともに、重要な建築構造等への適合性も含めた防火・防災管理上の一定の基準に適合している防火対象物について「表示」を行なうことで、ホテル・旅館等の利用者に対して、建築物の防火安全に関する情報を提供していく制度です。

表示対象となる建物は

3階建て以上で、収容人員が30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)が対象です。
 
※申請は義務ではありませんが、消防法上の適正な維持管理を実施している証明になります。

表示マークの交付を受けるためには

表示マークの交付を受けるためには、上記に示した表示対象のホテル・旅館等の管理権原者が、「表示マーク交付(更新)申請書」に申請に必要な下記の書類を添付し管轄の消防署所に申請し、消防機関の審査の結果、表示基準に適合していることが認められた場合に下記の表示マークが交付されます。
なお、詳しくは最寄の消防署、分署までお問い合わせください。
表示対象外の旅館・ホテルに対しては、「表示制度対象外施設申請書」の申請により「表示制度対象外施設通知書」を交付することが出来ます。(表示制度対象外施設に対する審査についても、対象施設と同様になります。)
 
 

申請に必要な書類

表示マークの交付申請に必要な書類は以下のとおりです。
 

  1. 防火(防災管理)対象物定期点検報告書の写し※2の特例認定を受けていない場合
  2. 防火(防災管理)対象物定期点検の特例認定通知書の写し※1の点検報告が免除されている場合
  3. 消防用設備等点検結果報告書の写し
  4. 危険物製造所等定期点検記録の写し
  5. 定期調査報告書(建築基準法第12条の規定に基づく定期報告)の写し
  6. その他消防本部等が必要と認める書類(不備事項の改修が確認できる書類等)
 
       

       

      
3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合は、「表示マーク金」が交付されます。

表示マークを交付されているホテル・旅館等はこちらです。

表示マークを交付したホテル・旅館等の一覧を掲載いたします。

 ▶表示マーク交付対象物一覧表(金)

 防火対象物名 所在地 表示マーク交付・更新年月日
なぎさの奏 夕鶴 相馬市尾浜字追川147 令和2年10月20日
ホテルコーラス相馬 相馬市小泉字山田43-1 令和2年10月 1日
相馬ステーションホテル 相馬市中村一丁目8-20 令和2年10月 1日
ホテル 飛天 相馬市和田字中迫104-3 令和2年10月 1日
旅館 かんのや 相馬市尾浜字船越139 令和2年10月 1日
ホテル みなとや 相馬市尾浜字追川137 令和4年4月15日

▶表示マーク交付施設一覧表(銀)

 防火対象物名 所在地 表示マーク交付・更新年月日
海游の宿 はくさん 相馬市岩子字宝迫123-1 令和3年 7月13日